うえじゅん! | 出版プロデュース

ビブラムマニア×バックジョイマニアうえじ・・・

2014年1月15日

ビブラムマニア×バックジョイマニアうえじゅんです♪♪ 来月の東京マラソンにもご出場!!

アンチエイジンクの大家「横浜クリニック」院長・青木晃先生が、なぜ、フルマラソンにご出場なさっているか、その理由を発見っ♪♪

女性誌でのご取材も多く、ワインスクールの講師でもいらっしゃるので、美容クリニックのお医者様と思ってらっしゃる方も多いのでは?

実は、青木晃先生のクリニック「横浜クリニック」は、『あきらめないがん治療』進行がんを積極的に治療する専門クリニック。

では、なぜ、その青木晃先生が、年に2回、東京マラソンと大阪マラソンにチャリティーランナーとしてご参加になっているのか。

その理由を、青木晃先生のフェイスブックのご投稿で発見しました♪♪

以下、原文のまま掲載させていただきます♪♪

゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛

今年、東西の大きなマラソン大会を完走することが出来ました。

応援して下さった多くのFB仲間の皆さんに感謝です。ありがとうございました!

50歳になってからのフルマラソン挑戦!両大会とも、実はチャリティランなんです。

東京マラソンは「難病と闘う子どもたちとその家族のために」、

大阪マラソンは「がん撲滅のために」走りました。

マラソンってやっぱり尋常でなく辛いもんです。

走っていて、「なんでこんな辛いことしてんだろうな?」って思う時が幾度と無くあります。

昨日の大阪マラソンは、東京マラソンの時よりも相当辛かった。。。

心が折れそうになると、「いや、うちのがん患者さんの辛さや苦しみに比べたら…」と思い、一人一人の患者さんの顔を思い浮かべながら歯を食いしばって走りました。

毎朝の5kmランは自分自身のアンチエイジングのためのランですが、僕の42.195kmは、少しでも患者さんとそのご家族の痛みや苦しみを分かち合うことが出来たらという思いを込めてのランでもあるのです。

だから、、、 このメダルはとても重みがあるんです。

゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛

▼「横浜クリニック」青木晃先生とは

青木晃(あおきあきら)プロフィール 1961年東京都生まれ。横浜クリニック(がん免疫療法)院長。日本抗加齢医学会専門医。 防衛医科大学校医学部卒業、自 衛隊医官として防衛庁に勤務。恵比寿アンチエイジングクリニック院長、順天堂大学大学院医学研究科加齢制御 医学講座准教授を経て現職。日本抗加齢医学会評議員。日本健康医療学会常任理事。

医師としての診療や研究活動以 外に、Life Style Producer としてフレンチやイタリアンの レストランでのアンチエイジングメニューの作成。フィットネストレーナーとのア ンチエイジングエクササイズ(モナリザ・エクササイズ)の開発、旅行会社のアンチエイジングツアーの企画監修なども行う。

TBSテレビ系「はなまるマーケット」「教科書にのせたい!」をはじめ、情報番組、バラエ ティー番組での最新の知識とわかりやすいアンチエイジン グ解説で定評がある。

▼横浜クリニック=『あきらめないがん治療』 進行がんを積極的に治療する専門クリニック http://www.yokohamaclinic.jp/

▼青木先生がなぜ、お医者様になられたのか。 なぜ、進行がんを積極的に治療する専門クリニックを開業なさったのか。 その思いが書かれたインタビューを発見っ!!

http://doctorsfile.jp/h/14790/df/1/

▼うえじゅん.com

https://uejun.com/

#うえじゅん #セルフィー #ビブラムファイブフィンガーズ #バックジョイ #vibram #ビブラムマニア #腰痛 #スロージョギング #ゆっくり走り #膝 #外反母趾 #浮き指 #顎関節症 #barefoot #裸足

Facebook