MEC食(肉・卵・チーズ)

【ポーク卵は沖縄のソウルフード】

2015年12月2日

【ポーク卵は沖縄のソウルフード】
と、MEC食の発案者・渡辺信幸先生。

「 MEC食を県内で広めるためのシンボルに「ポーク」を選んだよ。
ポーク卵は沖縄のソウルフードです。

米国による過酷な占領下では貴重な蛋白・脂質源でした。

しかし復帰後は食の本土化に押されて「欧米化の象徴だから、食べてはいけない」「保存料・塩分が多いからだめだ」「和食がヘルシーだ」などと、ぐちゃぐちゃ説教をする人が増え、ポーク卵は栄養価も高く、とっても美味しいのに、現在では沖縄県民は肩身の狭い思いをしながらも食べています。

「食の本土化=粗食化」こそヘルシーだ!!との神話をぶち破るための突破口が「ポーク」なのです。

また、このポークを全国に広めることによって「ヘルシー神話」を粉砕したいのです。
だから私は、ポークには足を向けては眠られないのです」

◾️アマゾン ホーメルスパム 関東送料無料の商品もたくさん♪
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=ホーメルスパム&tag=googhydr-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=42548827825&hvpos=1t1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=4293986859781151037&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=e&hvdev=c&ref=pd_sl_8c7ljm877w_e

◾️ポーク卵レシピ
http://cookpad.com/recipe/268439

◾️MEC食とは
沖縄こくらクリニック・渡辺 信幸院長がご発案。
1日に最低、肉(Meet)200g、卵(Egg)3個、チーズ(Cheese)120gを、一口30回噛んで食べて、炭水化物を控えるだけで、健康になれる健康法♪

MEC食の考え方はシンプルかつ単純明快!
人体に必須の栄養素を十分に摂取し、必要ではない栄養素を摂らないようにしましょうということ。

『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる』 25ページより

acbb5859c41b8cc28207

Facebook