うえじゅん! | 出版プロデュース | MEC食(肉・卵・チーズ) | ビブラム5本指運動靴

えっ!? むくみって、水分や塩分の取りすぎで起きるわけじなくて、○○の不足って!!

2015年2月2日

琉球柄のアロハに、裸足にビブラムファイブフィンガーズが定番スタイル♪♪

『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる』のご著者で、ビブラムマニア・渡辺信幸先生が、2015年1月27日放送テレビ朝日 『林修の今でしょ!講座』にご出演♪♪

見逃した方、ご覧になった方にも、おさらいのために、♪♪ ぜひ、チェキラ♪♪

(うーん、渡辺信幸先生とのツーショットセルフィーが見つからず、、、今年の目標は整理整頓!! 汗

DSC00246

糖質制限。しかも、お肉、たまご、チーズを食べていればOK!! というMEC(メック)食を提唱。

沖縄で3000人もの糖尿病患者を食事療法のみで劇的に改善なさってきた「こくらクリニック」渡辺信幸先生が「目からウロコの豚肉&鶏肉の新常識」をご紹介という内容。

【番組構成】

体調に合わせて賢く食べようと、体調や目的により、鶏肉と豚肉、どちらがいいか。

その根拠、加えて、オススメメニューや保存方法を渡辺先生が解説。

 

①かぜ⇒鶏肉

かぜには粘膜を強くする事が大切。

鶏肉のビタミンAがウイルス撃退を助けてくれる。

「肉が消化に悪い」というのは間違い。

野菜よりも消化に良い。

 

実験。鶏肉とキャベツを比べると鶏肉のほうが早く消化された。

さらに脂を食べても胃もたれはない。

 

おすすめメニューはチキン南蛮。

ソースはタルタルソースで。

ビタミンAの吸収には脂が必要だから。

 

②ダイエット⇒豚肉

豚肉には脂肪燃焼の効果のあるカルニチンが鶏肉の7倍含まれ、アラキドン酸という幸せホルモンも入っているから。

オススメメニューは豚しゃぶ。

カルニチンは熱に弱いためできればしゃぶしゃぶがいい。

また主な太る原因はコメなどに含まれる糖質だ。

脂質は水と二酸化炭素になり分解される。

食べ過ぎても、脂肪は蓄積しにくい。

肉を食べて太るのは迷信だ。

 

【実験1】

豚肉中心の生活でダイエットができるか。

渡辺先生提唱の食事プランを元に、1週間豚肉生活の実験。

見事減量に成功。

被験者は女性3人。

ごはんより先に肉を食べる、

30回噛めば食べ過ぎを予防できる。

 

③疲労回復⇒豚肉

疲労回復。これが豚肉の最大のメリット。

疲れる原因はビタミンB1の不足、

豚肉は鶏肉の10倍ビタミンB1が含まれている。

 

オススメレシピは豚汁。

豚肉に含まれるビタミンB1は水溶性ビタミン。

豚汁を飲めばビタミンB1を取り入れることができる。

 

【豚肉鶏肉活用術2択テスト】

①美味しさを損なわず長く保存できるのは?

A⇒豚肉

鶏肉の保存の目安は冷蔵庫で2日間、冷凍庫で2週間。

豚肉は冷蔵庫で5日間、冷凍庫で一ヶ月。

 

②冷凍した肉を美味しいまま解凍するには?

⇒B氷水につける。

 

③肌に塗ると保湿効果があるのは?

⇒Aラード。

ラードは天然で肌にやさしい。保湿クリームに最適。またラードは医薬成分に指定されている

 

④変色を防ぐため冷凍前にしたほうが良いのは?」

⇒A砂糖水につける

肉は乾燥すると色が変わる、砂糖水でコーティングすると肉の水分が外に逃げない。

 

⑤新鮮な鶏肉は?

⇒毛穴が盛り上がっている。

鶏肉は時間が経つと毛穴が塞がり、表面が平らに。

 

④貧血⇒鶏肉がオススメ

貧血は赤血球が不足した状態。そのため、葉酸とビタミンB12の成分を併せ持つ鶏肉がよい。

オススメ料理は焼き鳥のレバー。

 

⑤乾燥肌⇒鶏肉がオススメ。

ビタミンAがたっぷりだから。

ビタミンAはヒアルロン酸を増やす。

 

オススメ料理はフライドチキン。

ビタミンAの吸収には油が必要だから。

 

【実験2】

鶏肉中心生活で肌の水分量はアップする?

一週間で女性3人の肌の水分量がUPした。

 

⑥むくみ⇒豚肉がオススメ。

血液中のたんぱく質が少ないと血管から水が染み出る、それにより体がむくむ。

またビタミンB1不足もむくみの原因と説明。

オススメ料理は豚肉のしょうが焼き。

 

⑦脳卒中などの血管の病⇒鶏肉より豚肉がオススメ。

動脈硬化が血液の流れを悪くする原因。

豚肉のポークペプチドは血栓を溶かす働きがある。

 

オススメ料理は酢豚。

二日酔いにも効果的。

酢豚を作るとき、パイナップルジュースに豚のもも肉を浸けてから調理するのがオススメ。

 

【うえじゅん追記】

渡辺先生は、主食どころか、野菜さえ食べなくてOK。

お肉(M)200グラム、たまご(E)3個、チーズ(c)120gをとっていれば、栄養十分とMEC(メック食)を唱える先生。

それどころか、たちどころに生活習慣病、肥満が改善されるとご提唱なさっている沖縄「こくらクリニック」院長。れっきとしたお医者様。

今までにこの異端の食事療法のみで3000人以上もの糖尿病をはじめとする生活習慣病患者さんを劇的に改善なさっている。

沖縄の離島で診察を続けていたとき。従来の動物性脂肪を排除し、低カロリーに抑える食事療法で、症状が悪化する患者さんをみて、従来の食事療法に疑問をいだく。

加えて、治療ではなく予防の重要性を確信。試行錯誤の末に、いきついたのがMEC食。

およばれやお仕事でなければ、基本、糖質制限な私、うえじゅん。

糖質制限での、ごはんや麺の代わりの代替食が苦手な私には、お肉(M)200グラム、たまご(E)3個、チーズ(c)120gとるだけ。野菜さえも食べなくていいというMEC食は超らくちん♪♪

お酒も糖質が少ないものならいくらでもオッケー♪♪めちゃめちゃ楽ちんな食事療法♪♪

え、野菜いっさいたべなくていいの?

チーズって、6Pチーズでいいの?

などなど、私も思った疑問。

渡辺信幸先生に直接おうかがいした、その回答は、また後日♪♪

※ビブラムマニアとは、私、うえじゅんが命名。5本指スニーカー・ビブラムファイブフィンガーズをご愛用くださっている方のこと♪♪

 

Facebook