うえじゅん!

フェイスブックで、「あなたは○○タイプ」とか占い風・・・

2014年8月16日

フェイスブックで、「あなたは○○タイプ」とか占い風だったり、あなたの写真をダイジェスト風にするアプリ。

あれで、個人情報だだもれになるってご存じでした??

あなたは気をつけていても、あなたがお友達になった方が、アプリを追加しただけでも、だだもれに♪♪

そのしくみと対応策は、私、うえじゅんのITとWEBの超絶プレイン、田原 のり子さんの記事のご購読を♪♪ ぜひっ♪♪ 

Junko Ueda shared アビリティ’s photo.
お友達がアプリを追加したら、あなたの個人情報がそのアプリからアクセスされているってご存知でしたか?

Facebookにアプリを追加するときに表示される「利用許諾」
あなただけでなく、あなたのお友達の情報にアクセスすることを許可しているモノがあります。

おっと!ということは、お友達がアプリを追加すると、その友達である「あなたの個人情報」もアプリに流れてる?!

そうなんです。

え〜〜っ!ですよね。

その項目は、以下の17項目です。びっくりです!
(1)経歴
(2)生年月日
(3)家族と交際ステータス
(4)恋愛対象
(5)政治観と宗教・信仰
(6)利用しているウェブサイト
(7)オンライン状況
(8)近況アップデート
(9)私の写真
(10)動画
(11)リンク
(12)ノート
(13)出身地
(14)居住地
(15)学歴・経歴
(16)好きな活動・趣味・関心、好きなもの
(17)アプリでのアクティビティ

どの情報も他人が利用するアプリに提供したくは無いですよね。

お友達や他のユーザーが使用しているアプリにどの程度の情報を提供するかは、あなたが決められます。

あなたの個人情報の公開範囲を限定してアプリに利用をさせないようにする方法(スマホの場合)を図示しましたので、ご参考ください。
PC・Macからも同様に「設定」=>「アプリ」から設定することができます。

但し、以下の6項目は無条件でお友達が利用するアプリにアクセス可能です。
(1)あなたの名前
(2)プロフィール写真
(3)性別
(4)参加しているネットワーク
(5)ユーザーID
(6)Facebookで公開している情報

あれっ?(6)で公開している情報って改めて記載されてるっていうことは・・・
上の17項目は限定・又は非公開でも可ってこと?(*_*;
  
お友達が不用意なアプリを追加することを、イチイチ監視することはできません。
けれど、お友達を選ぶことはできます。

Facebookは、お友達の定義を基本的にリアルをベースにしています。知らない人を「友人」にしてしまうリスクは、あくまで個人の責任です。
なりすましのアカウントはもちろんのこと、気をつける必要がありますね。

Facebook