うえじゅん!

私、うえじゅんがライターとしてデビューし・・・

2014年1月27日

私、うえじゅんがライターとしてデビューしたての頃、応援していただいた大好きなフォレスト出版太田宏社長からのシェア♪♪

「自分らしい、個性溢れる充実した人生を送るためにも最も効果的な方法は」
太田社長のフェイスブックページで♪♪

Junko Ueda shared フォレスト出版社長 太田宏 ここだけの交遊録「ウナムの目」’s photo.
【小6女の子、ラインでイジメ?】

毎週日曜日の朝9時から、

TBSラジオで「こども電話相談室リアル」
という番組が放送されています。

先週、私がこの放送を聞いていたところ、

小学校6年生の女の子が、
こんな相談をしていました。

彼女はソーシャルメディアのLine(ライン)で
家族や友達、クラブ、塾など、30くらいの
複数のグループに入っているそうなのですが、

その中のあるグループで
“イジメ”を受けていたそうなのです。

30のグループ?・・・

この話を聞いたとき、
私はすぐにこう感じてしまいました。

いったいこの娘はソーシャルのコミュニケーションに
1日どれくらい可処分時間を取られているのだろう?

ビジネス書の読者数は、
昨年も前年対比で6%減少しています。

ソーシャルメディアの普及により、

文章は読んでいるけど、
まとまった本は読んでいない人がいま増えています。

だから、学生の頃から、
抽象的概念を養う時間が圧倒的に少なくなっています。

この時間が少なくなると、

思考力がない人が増え、芸術に触れても
「美しい」と感じる気持ちが欠如してしまいます。

そう言った意味では、
将来が少し不安に感じるのは私だけでしょうか?

自然界の中には、種の保存の法則があります。

たくさんの種、あるいは多様性がないと
自然界のバランスが崩れ、崩壊してしまう

つまり、文明も崩壊してしまう・・・

もし、このバランスが崩れ、
“少ないもの”だけの世界になると、

かつてのヒトラーのような独裁者が生まれ、
世の中が誤った方向に進むケースもあります。

いま、世の中は情報化社会になり、
ひとり一人が自分の存在感や価値観、考えなどを
自由に主張できる時代になりました。

そして、個人が自分のメディアを
持てるようになりました。

これはある意味、昔では考えられなかった事が
個人個人でできる素晴しい時代の到来です。

しかし、別の見方をすれば、
考え方が画一化された社会人なりかねない

そんな危険性も含んでいます。

ただ一つ言える事は、

「周りに流されてはいけない!」という事です。

周りがそうしているから、
私も当たり前のようにそうする。

それでは人生つまらない!

自分らしい、個性溢れる充実した人生を送るためにも、
思考力、想像力を鍛えることを決して忘れないで下さい。

そして、この想像力を鍛えるのに最も効果的な方法・・・

それはもちろん、読書です(笑)

Facebook