うえじゅん! | 出版プロデュース | Facebook運用サポート

劇団ひとりさんの『革命のフィンファーレ』の読書感想文。天才!

2018年1月14日

ガチンコ! 1月13日『ゴットタン 西野VS劇団ひとり 完全決着SP』

ベストセラー作家同士が髪切りチキンレース!

小説『陰日向に咲く』で、54刷・100万部突破。

劇団ひとりさんの『革命のフィンファーレ』の読書感想文。天才!

劇団ひとりさんの感想文。手書きなので、文字おこししました♪

::::::

革命のファンファーレを読んで

西野が本を書いた。どんな本かと思い、手に取ったら、まさかのビジネス書であった。

西野が書いた「えんとつ町のプペル」という絵本を通じて、ビジネス界へ一石を投じている。

絵本というファンタジーの世界からはほど遠い、現実的で策略的な面が赤裸々に綴られており、売り上げ至上主義という、ある種、クリエイターにとっては残酷であり無愛想な数字の羅列に対して、真っ向から勝負する筆者の姿勢には驚かされた。

そして、勝負の仕方もまた、夢や情熱といった青臭いものではなく、冷静に分析され、ロジカルに組み立てられてている。

かの、天才ピカソは絵を描く以上に商売がうまかったと言われている。しかし、ゴッホにはそれが出来なかった。

もし、ゴッホが本書を読んでいれば歴史は大きく変わっていたに違いない。未来のゴッホたちよ、本書を手に取れ。聞こえてくるのは革命のファンファーレだ。 劇団ひとり

■西野亮廣さんのレターポットは 

https://letterpot.otogimachi.jp/users/4

■私、うえじゅんのレターポットは

https://letterpot.otogimachi.jp/users/7907

#西野亮廣 #レターポット #革命のファンファーレ

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12344326720.html

Facebook